日本においてのフィリピンパブの歴史と近年の傾向:管理人が考えるフィリピンパブの魅力について

公開日:2011年7月12日
最終更新日:2015年11月19日

日本においてのフィリピンパブの歴史と近年の傾向について分析



フィリピンパブの老舗が密集しているエリアと言えば東京では下町近郊、錦糸町や墨田区エリアにあるフィリピンパブが有名ですよね。

夜のフィリピーナが好きな方はこのエリアでかなり遊んでいる方も多いと思います。


歴史を辿ってみると元々は、このエリアにパブを出店した目的として近隣に住んでいるこのエリアにゆかりのあった労働者階級の人たちをターゲットにした飲み屋ビジネスから派生した文化から来ているのではないかと想像出来ます。下町は昔から工場やそれに従事する労働者が多かったですからね。


しかし今やフィリピンパブは、一部のフィリピーナ好きのマイノリティーカルチャーではなくなっています。

実際にどこの町の歓楽街に行っても必ず一軒くらいは存在しています。


日本においてのフィリピンパブの歴史
日本においてのフィリピンパブの歴史


おすすめ記事:




フィリピンパブの歴史と移り変わりとその魅力



現在ではフィリピンパブは日本人のキャバクラと同様に夜の飲み屋エンターテイメント業界にはなくてはならない存在になりました。


フィリピンパブは、日本に登場してから30年以上の歴史を持っています。そして徐々に全国各地に広がりその土地に定着している。
そんな事もあってどんな田舎の地方にいってもフィリピーナのコミュニティーは多いです。


一般的に、フィリピン人はインドネシアと同じマレー系が多いですが、スペインやアメリカの植民地だったせいで性格はラテン系の子が多いです。
またフィリピンという土地柄か気候も穏やかで貧乏でもそんなに落ち込まず女性は一生懸命働いている。そんな事が彼女達の性格に影響しているんでしょうか。


皆さんがフィリピンパブに求める価値ってどんな事でしょうか!? お話!?それともスキンシップ!? 
私個人が考えるフィリピンパブの一番の醍醐味は何と言っても、日本のキャバクラ嬢と違いこちらが女性に気を使うこともなく年齢が離れていても、関係なく優しく接してくれる子が多い事。

これが一番なのではないでしょうか。夜の商売って事を忘れさせてくれるようなフレンドリーな個人的なサービス。

そして気兼ねなく、ピロートークができる事^^ しまいには気が利く子などは肩や手にマッサージまでしてくれたりする子もいますからね。
これは個人差もあると思いますが、そのくらいビジネスライクさがないんですよね~。彼女達は。


彼女達に気に入られればほっぺにキスもしてくれるし、ボディタッチまでしてくれる積極性。これが醍醐味なんでしょうか(笑)^^


話がそれましたが、やはり日本企業の不景気もあってか、全体的に夜の水商売業界が不況になっているように思います。
そしてそれはフィリピンパブも同様です。一部のヘビーユーザーに支えられているものの、近年になって激減したフィリピンパブ。

しかしローカルな場所に行けば行くほど、意外にも穴場のいいお店があるので、それを楽しみに知らない街のフィリピンパブに行ってみるのも面白いですよね♪


>> 理想のフィリピーナと恋愛したいならネットでの出会いもおススメ





  管理人おススメのネットでフィリピン女性と出会えるサイト紹介


マッチ・ドットコムは1500万人の会員が利用している世界最大規模と言われる出会い・婚活サイトです。日本を含む24カ国でサービスを展開しています。ギネス・ワールド・レコーズに登録されている国際的な恋愛・結婚サイトです。そんな事もあり、日本在住のフィリピン女性と出会って恋愛する為には非常にうってつけのサイトです。

また、海外の有名ドキュメンタリー番組のCMでもよくプロモーションしている事もあり、登録会員からの信用度も高いサイトです。

マッチ・ドットコムを使えば、日本の住んでいるフィリピーナと出会えるチャンスが広がり来ます。マッチドットコムは海外では一般の女性も普通に恋愛・出会いのツールとして使っている人が多いので、下手に業者任せにしたお見合いやフィリピンパブで出会うきっかけを作るよりも圧倒的にコストパフォーマンスに優れていると思います^^

勿論、サイトを使う上で様々なコツやテクニックを使う必要もありますが、慣れば効率よく使う事出来出会いの可能性を広げる事が可能になる思います。特に「自己PR」の書き方・魅せ方はとても大切です。

しっかりと時間をかけて自己PRを作り込みましょう。自己PRの部分を作りこむ事によって後々女性と出会える確立に影響してきます。

   日本在住のフィリピン女性と出会う為の恋活サイト

マッチ・ドットコム



こちらの記事もお勧めです