日本での国際結婚の届けてと国際結婚Q&Aとトラブル事例

公開日:2010年5月28日

日本での国際結婚の届けてと国際結婚Q&Aとトラブル事例



国際結婚を考えている相手にステータス(日本にいる為の)ビザがなく

役所などで、結婚が出来ないといわれたらどうするべきでしょうか?


ロシア人女性やアジア系のフィリピンの女性・中国人女性との

国際結婚者の間でそんな質問をよく耳にする方が多いと思います。

近年の日本において

金銭目当ての国際結婚詐欺が増えて、日本の国も

他国の外国人に対してビザの発給に厳しくなっているのも確かなので

理由は、わかりますが・・・・。

しかし

それは大きな勘違いなんです。

実はどんな国人でも、どんなステータスの状態の方でも

国際結婚する権利は当然あるのです。

役所での届出の際に、ロシア人女性や

アジア系のフィリピンの女性・中国人女性との

国際結婚について、拒否されるようなことがあっても断固として

国際結婚をする事ができるという権利を主張して下さい。

その後、国際結婚を届けたら在留特別許可がとれます。

国際結婚相手のパスポートが紛失、または、偽名だった場合は

国の領事館で本名の身分証やトラベルアフダビット(帰国用宣誓供述書)を

作ってもらえばOKです。

領事館は「出生証明書」など

証明書類を求める場合がありますので届出の際には注意が必要です。



  管理人おススメのネットでフィリピン女性と出会えるサイト紹介


マッチ・ドットコムは1500万人の会員が利用している世界最大規模と言われる出会い・婚活サイトです。日本を含む24カ国でサービスを展開しています。ギネス・ワールド・レコーズに登録されている国際的な恋愛・結婚サイトです。そんな事もあり、日本在住のフィリピン女性と出会って恋愛する為には非常にうってつけのサイトです。

また、海外の有名ドキュメンタリー番組のCMでもよくプロモーションしている事もあり、登録会員からの信用度も高いサイトです。

マッチ・ドットコムを使えば、日本の住んでいるフィリピーナと出会えるチャンスが広がり来ます。マッチドットコムは海外では一般の女性も普通に恋愛・出会いのツールとして使っている人が多いので、下手に業者任せにしたお見合いやフィリピンパブで出会うきっかけを作るよりも圧倒的にコストパフォーマンスに優れていると思います^^

勿論、サイトを使う上で様々なコツやテクニックを使う必要もありますが、慣れば効率よく使う事出来出会いの可能性を広げる事が可能になる思います。特に「自己PR」の書き方・魅せ方はとても大切です。

しっかりと時間をかけて自己PRを作り込みましょう。自己PRの部分を作りこむ事によって後々女性と出会える確立に影響してきます。

   日本在住のフィリピン女性と出会う為の恋活サイト

マッチ・ドットコム



こちらの記事もお勧めです